前へ
次へ

腰痛は待つことも大事になることもある

腰の痛みというのにもいくつかの種類があって例えば炎症を起こしているということもありますし、単純に傷がついただけということもあります。腰痛は冷やすべきか温めるべきかというのがなかなか難しい判断を求められることになるのですが炎症症状というのであればまずは冷やすようにすればよいでしょう。それだけでも十分に痛みが緩和するということもあります。最終的に痛みの緩和というのは自己回復をさせるということが腰痛では最も多いということになりますので要するに静かにおとなしくしているということも腰痛の対策になったりしますし、対応としては悪くないこともあります。ただし、やはり神経が傷ついているとかそういうレベルのものになりますと病院に行かなければよろしいようのないということになりますので自己判断はあまりしない方が良いとは言えるのは間違いないでしょう。あくまで原因不明であり、痛みが治まるまでまつしかない、ということがあるということです。

Page Top