前へ
次へ

姿勢の悪さが腰痛に繋がる

腰痛というと高齢者に多い症状だと考えている人はとても多いです。しかし最近では若い世代も腰痛に悩む人が増加をしています。原因として考えることができるのが姿勢の悪さです。机に向かって仕事をしているということが増えてきているので、同じ姿勢を保つということが増えています。同じ姿勢を長時間キープしていると、腰にも負担がかかってしまいます。また姿勢が悪い状態が長く続くのも腰に負担がかかってしまうことになるので、痛みが生じるということになってしまいます。今は姿勢をキレイに維持することができるベルトなどもあるので、使ってみるとよいでしょう。まだ年齢的には若いのに腰の痛みに悩んでいるともなると、恥ずかしい気持ちになってしまうこともあるでしょう。姿勢を意識してみるだけでもかなり改善するということがあるので、姿勢が悪いと感じることがあった場合には、注意をしてみるとよいでしょう。背筋を伸ばすだけでも腰への負担が緩和します。

Page Top